専業主婦でも借りられる

1.専業主婦でも借りられるカードローンを徹底解説!

生活がカツカツという時に限って、友人や親せきの結婚式があったり、不幸があるということもありますよね。
特に親せきとなると、お祝いや香典なども大きな出費となりますし、場所が遠方ともなれば交通費にもお金が必要になってしまいます。
こんな急な出費の時に大きな助けとなるのがキャッシングやカードローンです。
キャッシングやカードローンの中には即日融資をしてくれるところもあり、すぐにお金が必要という時には大きな助けとなります。
しかし、収入のない専業主婦では利用できないのではないかと不安を感じている人もいるのではないでしょうか。
ここではそんな専業主婦でも利用できるカードローンについて解説していきます。

 

1-1.配偶者貸付で消費者金融のキャッシング利用は難しい!?

専業主婦が利用しやすいのは銀行が提供しているカードローンなのですが、消費者金融でも配偶者貸付を利用すれば、キャッシングを利用することができます。
しかし、この配偶者貸付は利用するのが難しく、おすすめはできません。
利用が難しい理由に、提出する書類が多い、利用できる消費者金融が少ないという点があります。
消費者金融の配偶者貸付を利用するためには、配偶者の同意書や収入証明書、配偶者との婚姻関係がわかる書類が必要になります。
また、この配偶者貸付は大手消費者金融では受け付けておらず、一部の中小消費者金融しか利用できないという点も利用を難しくしている理由です。

 

1-2.専業主婦に最適なのは.総量規制対象外の銀行カードローン!

消費者金融の配偶者貸付は、総量規制の例外として認められている制度なのですが、銀行ではこの総量規制という法律の対象外ということもあり、銀行での配偶者貸付は消費者金融とは大きく異なる点があります。
消費者金融では複数の書類が必要になりましたが、銀行では配偶者貸付を利用するからといって特別な書類を用意する必要がありません。
通常の申込と同じように本人確認書類だけで申し込みが可能です。
また、利用できる銀行も多く、大手銀行でも専業主婦を対象としたカードローンを提供しています。
これらの点を考えても、専業主婦は銀行カードローンを利用するのが最適です。

 

1-3.夫に安定した収入があれば申し込み可能

収入がない専業主婦が利用できるということもあり、銀行カードローンでは特別な条件でもあるのではないかと思ってしまいますよね。
専業主婦が銀行カードローンを利用する場合の条件は、配偶者に安定した収入があることです。
専業主婦で生活しているということもあり、ほとんどの人がこの点はクリアしているのではないでしょうか。
専業主婦が銀行カードローンで融資を受けられる理由は、この点が関係しています。
専業主婦として生活できるということは夫にそれだけの収入があることは誰でもわかることから、銀行からも大きな信用を得ることができ、その信用によって融資が受けられるというわけです。

2.専業主婦でも借りられる銀行カードローンのメリット

専業主婦として生活しているということで、銀行から大きな信用を得ることができ、銀行カードローンを利用できるのですが、この銀行カードローンには色々メリットがあります。
まずあげられるのが銀行という安心感です。
消費者金融と聞くと、なんとなく怖いというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
延滞などをしてしまうと、怖い人が取り立てに来るのではないかと思っている人もいるかもしれません。
実際にはそのようなことはないのですが、多くの人が銀行はそのような心配がない金融機関として認知しています。
その安心感のある銀行なら安心してお金を借りることができます。

 

2-1.即日融資に対応している

大手消費者金融の大きなメリットとして融資が早いという点を挙げる人も多いと思います。
大手消費者金融はこの点が大きなメリットなのですが、銀行も大手消費者金融に負けないほどの融資スピードのところもあり、大手消費者金融並みのカードローンサービスを提供しています。
大手銀行では大手消費者金融を保証会社としているところもあり、審査スピードが向上しています。
口座を持っている必要はありますが、多くの主婦が買い物で利用するイオン系列であるイオン銀行カードローンBIGでも即日融資は可能です。
大手消費者金融の特徴でもある自動契約機も、新生銀行や三菱東京UFJ銀行では設置され、その場でカード発行がしてもらえるので、手軽に即日融資が受けられます。

 

2-2.金利が低い

銀行カードローンの最大のメリットともいうべき点が金利が低いということです。
金利が低い点は、家計を預かる専業主婦にとっては大きな魅力ではないでしょうか。
毎日の買い物でも一円でも安いところで買い物をするという人も多く、カードローンでも一円も無駄に利息は払いたくないものですよね。
消費者金融と比べると金利の差は明らかで、そのお得な金利でお金が借りられるのが銀行系カードローンです。
専業主婦でも利用できる銀行カードローンでも、銀行によって金利差はあるので、しっかりと吟味をして、自分の希望通りの銀行カードローン選びをしましょう。

 

2-3.在籍確認なし!夫に内緒で借りられる

銀行カードローンは夫に内緒で利用することができます。
家計を預かる専業主婦としては、お金の問題は自分で解決をしたい、夫からもらった生活費で何とかやりくりしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
そんな時に急な出費によってお金が足りないということを夫には知られたくないものですよね。
消費者金融の配偶者貸付では配偶者の同意書が必要となり、夫に内緒では利用することができません。
しかし、銀行カードローンはそのような書類も必要ありません。
また、夫の勤務先への在籍確認もないことから、夫に知られることなくお金を借りることができます。

 

3.銀行カードローン申し込み時の注意点

銀行カードローンは、消費者金融と比べると専業主婦に優しい金融機関でもあります。
専業主婦に優しい金融機関だからといって、申し込み時にいい加減なことをすると、すぐに審査落ちとなってしまいます。
申し込みは、銀行に信用してもらうためにとても重要な時です。
そのため、慎重に申し込みをするようにしましょう。
例えば、どこかの銀行の審査に通ればいいと思い、複数の銀行に同時に申し込みをしてしまうと銀行から大きな信用を失うことにもなります。
また、申し込みの時には正確に情報を記入することも大切なポイントです。
申込書に記入した情報によって審査されるということをしっかりと自覚して、申し込みを済ませるようにしましょう。

 

3-1.他社借入が複数あると審査通過は厳しい

金融機関の審査では、今までの利用実績や借入状況はしっかりと確認します。
この確認によって、申込者がどのような借り入れをするのかをチェックし、融資をしても確実な返済をしてくれるのかを審査します。
そのため、他社からの借り入れが複数あると、どうしても審査の目が厳しくなり、審査通過することが難しくなってしまいます。
複数の借り入れがあると、かなりお金に困っている人という印象を与えることにもなりますし、今後返済に困るのではないかという不安を金融機関に与えることになります。
そのため、複数の借り入れをしているという人は、ボーナス時期などを利用して、一括返済などをして、一社でも借入先を減らすことをおすすめします。

 

3-2.申込書への虚偽の記載は絶対NG

銀行カードローンの利用を考えた時に、どのくらいのお金を借りられるのかが気になるところですよね。
専業主婦の場合には、ほとんどの銀行で30万円か50万円までの限度額となります。
誰でもこの限度額まで借りられるというわけではなく、配偶者の年収や借入状況によっては10万円程度になることもあります。
このことから、申込時に夫の年収をごまかしたり、借入状況などで嘘の申告をしてしまうと、審査に落とされる可能性があります。
絶対にバレないと思って虚偽の記載をしても、金融機関は融資のプロでもあり、簡単にその嘘を見破ります。
審査に通るためには、正確な情報を記載することが大切です。

4.審査が甘いと謳うカードローンは危険

金融機関を利用する上で、最も注意が必要な点があります。
それが甘い言葉を謳っている金融機関です。
専業主婦にとっては、自分に収入がないということもあり、審査に通るのかとどうしても不安になってしまいますよね。
その不安に付け込んだ、審査が甘いと謡っているカードローンは絶対に利用してはいけません。
金融機関が自ら審査が甘いなどということはまずありません。
このような金融機関は悪徳業者の可能性が大です。
そのため、一度利用してしまうと、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。
審査に不安を感じるのはわかりますが、このような金融機関だけには注意をしましょう。

 

 

 

専業主婦でも借りられる
◆専業主婦でも借りられる!夫に内緒でカードローンする方法|即日審査借入セミナー
◆http://xn--n9jucvadgf2tyiql5b6ec4348gxsfr96b.com/