専業主婦でも借りられる カードローン

1.専業主婦でも借りられる銀行カードローンを徹底解説!

専業主婦であっても急にお金が必要になることや、旦那に内緒でお金を借りたいことってありますよね。
最近では、学資ローンや自動車ローンなどのように利用目的がはっきりしなくても融資を受けられる様に、使途自由のフリーローンを数多くの銀行、消費者金融がカードローンとして提供しています。
しかし、多くの専業主婦は「カードローンは収入が無ければ使えないのでは…?」と悩んでしまいカードローンへの申込を躊躇してしまいがちです。
確かに、一般利用者向けのカードローンは利用条件として安定した収入がある事を掲げているため、自身に収入が無い専業主婦がこれを利用することは難しいでしょう。
ただし、今では専業主婦向けカードローンという商品もあり、これであれば専業主婦であっても利用することができます。

 

1-1.総量規制対象外だから借りられる!

カードローンを提供しているところは、銀行とノンバンク(アコムやプロミスといった消費者金融、信販会社の総称)とがありますが、専業主婦が利用できるのは銀行系カードローンのみです。
ノンバンクから融資を受ける際には貸金業法総量規制という法的な規制がかかり、この規制の下では「その人の年収3分の1以上の額の貸付を行ってはならない」という制限がかかります。
つまり、自身の年収が0円の専業主婦は原則としてノンバンク系カードローンを利用することができません。
これに対して、銀行は銀行法という法律の下で融資を行うため総量規制対象外となります。
そのため、銀行がその人の年収以上の融資を行うことに何ら法的な問題はありません。

 

総量規制対象外 専業主婦

 

1-2.配偶者に安定した収入があればOK!

銀行系カードローンの話しに戻りましょう。
専業主婦は銀行カードローンを選ぶことになると先ほど説明しましたが、利用するにあたって条件があります。
それは、配偶者に安定した収入がある事です。
安定した収入とは、大手企業に勤めている等、そういう事では無く、あくまでも会社に勤めていれば安定した収入があると見なされるようです。
しかし、フリーターや契約社員、派遣社員だと審査時に少し不利かもしれません。
どれくらいの世帯収入が必要かは業者によって異なるため、心配であれば一度申込みを行う前に担当の人に相談してみると良いでしょう。

2.銀行カードローンは夫に内緒で利用できる?

専業主婦向けカードローンの利用者の多くは夫に内緒でカードローンを利用したいと考えているため、これらのニーズに応えるため専業主婦向けカードローン業者はできるだけ配偶者にバレないように配慮をしてくれます。
例えば、本来であれば専用のカード、契約書等は郵送で自宅へ届くのですが、窓口で受け取れるようにしてくれたり、自宅への電話を極力避けてくれます。
ただし、注意点として、返済を滞らせてしまったり、無断で滞納すると自宅へ電話がかかってきたり、極端なケースだと夫の勤め先に電話がいくこともあるため、返済期日だけは厳守しなくてはいけません。
それ以外では特に夫にカードローンの利用がバレてしまう要素は無いため安心して融資を受けることができます。

 

2-1.審査で夫の勤務先に在籍確認がない!

カードローンの審査時は、銀行系、ノンバンク系に関わらず勤務先に在籍確認の電話があるものです。
カードローンの審査のための在籍確認電話とは悟られないような電話方法なのでバレてしまうことは少ないと思いますが、できることなら夫の勤務先への在籍確認電話は避けたいですよね。
しかし、実は専業主婦向けカードローンに関しては在籍確認を不要としているところが多いです。
これは、夫にバレたくないという専業主婦のニーズに応えたもので、専業主婦向けカードローンが支持されている理由の一つとなっています。
ただし、在籍確認に関しての扱いは銀行によって異なるため、在籍確認の有無は事前に調べるなり、相談しておくことをおすすめします。

 

2-2.配偶者の同意書なしで申し込める

在籍確認がないとは言っても、配偶者の収入を前提に借り入れをするなら、夫の同意書や収入証明書が必要なんじゃないの?と思う人もいるかもしれません。
しかし、その点についても心配は必要ありません。というのも、一般的な銀行カードローンでは、専業主婦が申し込む場合に夫の同意書は必要ないのです。
自分の免許証など本人確認書類だけで申し込みができる上、高額な融資を希望しなければ収入証明書の提出も必要ありません。
そもそも、専業主婦の場合は限度額を制限されることが多く、高額な融資を受けることはほぼ不可能です。
このように、銀行カードローンへの申し込みは、それほど難しいものではないのです。

 

2-3.Web明細の利用で郵送物なし!

実際にカードローンを利用し始めた後、夫にバレないようにするテクニックとして、WEB明細書を利用することをオススメします。
おそらく、カードローンの申請書に書いてあると思うのですが、紙の明細書かWEB明細書かを選択することができます。
夫に内緒でカードローンを利用したいのであれば紙の明細書ではなく、WEB明細書を選びましょう。
前者を選んでしまうと毎月利用額、返済額が自宅へ届けられてしまいます。
対して、後者を選んだ場合には月々の利用額、返済額は届きませんが、インターネット上のホームページからWEB明細書をみることができます。

3.銀行カードローンのメリット

銀行系カードローンとノンバンク系カードローンではどちらの方がメリットがあるのでしょうか?
基本的に、金利、利用限度額の面では銀行系カードローンに分があります。
大体、平均で3%ほど上限金利が異なっていると言われています。
また、利用限度額は専業主婦の場合でも20~30万円程に設定してくれるため不自由なくカードローンを利用することができます。
しかし、ノンバンク系にも利用上で利点はあります。
それが、一定期間無利息期間サービスを設定しているところで、一定期間内に完済できた場合には一切の利子がかかりません。
このサービスを提供している銀行は未だ少なく、無利息で融資を受けたいのであればノンバンクをオススメします。
とはいえ、ノンバンクの場合、配偶者貸付制度を利用する必要があるなどハードルが高いため、銀行カードローンを利用するのが現実的と言えるでしょう。

 

3-1.金利が低いからうれしい!

先程も簡単に説明しましたが、銀行系カードローンの特徴として比較的金利が低いということが挙げられます。
大手消費者金融であっても上限金利が大体18%であるのに対して、大手銀行、そして専業主婦向けカードローンの場合であっても上限金利は平均16%となっています。
たかが2%ですが、2%であっても毎月の利息を考えると最終的には馬鹿にできない金額になります。
また、銀行系カードローンの方が月々の約定返済額が低く設定してある印象があります。
例えば、ソニー銀行カードローンでは月々の返済額が最低3,000円〜となっています。
月々の返済金額によっては家計を圧迫しかねないため、このように約定返済額が低く設定されているところは専業主婦からすればとてもありがたいです。

 

3-2.即日融資にも対応

銀行系カードローンは安定した収入がないと即日融資を受けることは難しいのでは、と考えている人も多いでしょう。
しかし、専業主婦の場合には配偶者に安定した収入があれば即日融資を受けることができる可能性が高いです。
また、みずほ銀行カードローン等を利用する場合には、その銀行に口座を持っていればさらに有利になり即日融資の希望が通るでしょう。
ちなみに、即日融資を希望している場合には申し込みの際にその旨を伝えましょう。
審査を急いでいるくれることもありますし、専用のカードを受け取る前に指定口座への振り込みしてくれるカードローンもあります。

4.審査が甘いと謳うカードローンには要注意

自身に収入が無い専業主婦は、配偶貸し付け制度を利用しない限りノンバンク系カードローンを使うことはできません。
そのため、消費者金融、信販会社であるのにも関わらず、「専業主婦であっても借り入れできる」と謳っている業者は悪徳業者である可能性があります。
大事な事なので繰り返し書きますが、ノンバンクは貸金業法総量規制による法的な制限があるため専業主婦に融資することはできません。
専業主婦の場合には、総量規制対象外の銀行から融資を受けるのが現実的です。。
従って、専業主婦の場合は最初から銀行系カードローンのみを選択肢に入れておくことをオススメします。