カードローン 申し込み

1.カードローンの申し込みで注意すべきポイント

専業主婦がカードローンに申し込む場合には、いくつか注意点があります。
まず、ノンバンク(消費者金融や信販会社の総称)系カードローンではなく、銀行系カードローンを選ぶことです。
ノンバンクは融資の際に貸金業法総量規制がかかるため、原則として専業主婦は利用することができません。
総量規制は、その人の年収の3分の1以上の金額の貸付をしてはならない、とする規制のことを指します。
また、一般利用者向けカードローンではなく、専業主婦向けカードローンを選ぶ必要があります。
専業主婦向けカードローンは、在籍確認の電話が不要で、約定返済額が低かったりと、様々な面で専業主婦向けのサポートがされています。
ただし、利用限度額が低く、融資利率が高く設定されているため利用者に若干不利な契約内容となっています。

 

1-1.借入希望額は低くしておく

申込みをする際に提出する書類には希望利用可能枠を記入する欄があります。
自分の好きな金額を記入して問題ないのですが、あまりにも希望額が高いと融資を断られてしまうこともあります。
というのも、専業主婦の場合には、世帯収入にかかわらず借入限度額は10~30万円に設定されてしまうことがほとんどだからです。
カードローンによっては、「専業主婦の限度額は〇〇万円まで」と商品概要説明書に明記しているケースもあります。
従って、融資可能額が高額なカードローンであっても、専業主婦の場合は借入が少額になることを覚えておいて下さい。
借入希望額は必要最小限に抑えましょう。

 

1-2.利用申込書に嘘の記入は厳禁

個人信用情報機関というものをご存知でしょうか?
日本には「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」「株式会社日本信用情報機構(JICC)」という3つの会社があり、それぞれが顧客のクレジットカード利用歴、返済歴、などといった信用情報を調べています。
カードローンの審査時には金融機関が提携している個人信用情報機関から提供された情報が参照されます。
なお、申込時にも他社借入件数、大まかな世帯収入などの情報を提供するのですが、前述したように実はこれらの情報は既に銀行に知られています。
では、なぜわざわざ知っている情報を顧客に書かせるのでしょうか?
理由を明記しているところはありませんが、おそらく顧客が信用できるかどうかを判断しているのだと思われます。
つまり、顧客が正直に正確に情報提供をしているかどうかを見ているのです。
そのため、虚偽の記載をすると審査に通り辛くなってしまうばかりか、他の金融機関から融資を受ける際にも不利になる可能性があります。

 

申込書 嘘

 

1-3.複数のカードローンへの同時申し込みは危険

意外と知られていませんが複数のカードローンに同時に申込むことは止めましょう。
また、同時でなくても短期間のうちに複数のカードローンに申込を行うと、申込ブラックとして登録されてしてしまい、数ヶ月間はカードローン審査を受けることができなくなります。
正確には、短期間で2社以上の金融審査を受けると申込みブラックとして記録されてしまいます。
そのため、信用情報や属性に問題が無いのにもかかわらず審査に落ちてしまう場合には申込みブラックとして登録されている可能性を疑ってみましょう。
なお、自分の個人信用情報は開示申請をすることで知ることができるため不安ならば申請してみることもおすすめです。

 

1-4.申し込み履歴は信用情報機関に記録される

短期間に複数のカードローンに申込を行うと申込みブラックとして登録されてしまい、以後のカードローン審査を一定期間受けられなくなってしまいます。
実は、申し込みを行った時点で信用情報機関にその情報が記録されてしまうため、銀行もその顧客が同時期に複数のカードローンへ申込をしていることが分かります。
基本的に、信用情報機関の持っている情報は全ての金融機関で共有されていると考えて差し支えないでしょう。
申込みブラックを避けるためには、短期間内で複数の融資の申込をしないこと、そもそも複数社から融資を受けるような状況にしないことが大切です。

 

1-5.申し込みブラックを避けられる間隔とは

では、申込みブラックとして登録されるのを避けるためには具体的にどれくらいの期間を空ければよいのでしょうか?
これに関しては明記しているところはありませんが、一般的には6ヶ月以上空けることが大切だと言われています。
なお、6ヶ月というのは、カードローン、キャッシング、クレジットカードなど、あらゆる金融審査の事を指しています。
つまり、一度カードローンの利用申請を出したら向こう6ヵ月間はクレジットカードであっても新たに申請を出さない方が良いです。
6ヶ月以内に2つ以上の金融審査は受けないようにしましょう。

2.カードローンの申し込み方法と種類

カードローンの種類が豊富になってきていますが、インターネットの普及や技術の進歩に合わせて様々な申込み方法も出てきました。
「どの方法も一緒でしょ…」、と考える人もいますが、実際には方法によっては即日融資に対応していなかったり、審査まで時間がかかってしまうなどしてしまいます。
自分のやりやすい方法を選ぶのは大事ですが、それぞれの申請方法の性質、違いを知っておくことで申込から融資までをスムーズに行うことができるのではないでしょうか?
ここからは、主に使われている3つの申込方法について説明していきます。

 

2-1.専用契約機での申し込み

専用契約機を使ってカードローン契約をする方法もあります。
即日融資にも対応している方法なので急なお金の入用時にも安心して融資を受けることができます。
機械が指示する通りに情報入力して必要書類を提出すれば最短で30分後には審査結果の連絡を受けることができます。
専用契約機は、主にノンバンクが設置しているところが多いのですが、銀行系カードローンでも契約機を使えるところはあります。
有名どころだと、三菱東京UFJ銀行のバンクイックで自動契約機による利用申請を出すことができます。

 

2-2.Webページからの申し込み

カードローン申請の内で最もオススメな方法がWEB申込です。
カードローン審査には、そもそもカードローンを利用する条件を満たしているか判断する仮審査と、本審査の2つが存在します。
WEBからの申込みだと、コンピューターによって仮審査が自動で行われるため本審査までにかかる時間の面で有利です。
また、窓口や郵送での申込みだと本人確認書類、場合によっては配偶者の同意書や収入証明書、配偶者関係にあることを証明する書類など、必要書類を用意するのが煩わしいのですが、WEB申請だとスキャナーやカメラで撮ったデータ、写真をアップロードすれば良いだけなので簡単です。

 

2-3.店頭や窓口での申し込み

店頭や窓口でカードローンの申込みを行うこともできます。
この方法で申込をするメリットは、担当の人と相談しながら申請をすることができる点です。
初めてカードローンを利用する人や、カードローンに対して悩みや疑問を持っている場合には最もおすすめの方法です。
簡単な返済シミュレーションについて説明してくれることもあるため、安心して融資を受けることができます。
ただし、デメリットとして即日融資を受けられる可能性は低いという点が挙げられます。
窓口だと午前中に申請を済ませたとしても審査が翌営業日に回されてしまうことが良くあります。

3.カードローンの申し込みはWebが便利な理由

WEB申込みが便利である理由としてはいくつかありますが、特に夫にカードローンを内緒で使いたい場合におすすめです。
専業主婦の場合、いかにして夫にバレずにカードローンを利用できるかが焦点となります。
夫に使用が知られてしまう理由の一つが郵便物によるものですが、WEB申込みと自動契約機を併用することでそのリスクを抑えることができます。
基本的に、自宅に届く郵便物は契約書と専用のカードだけです。
そのため、WEB申込みを事前にしておき、審査に通ったら自動契約機で契約書、カードを受け取るようにすると夫にバレる可能性はほぼゼロになります。

 

3-1.申し込みは24時間可能!

先程も説明しましたが、WEB申込みであればインターネットに接続できる環境さえあればスマートフォン、タブレットから24時間、いつどこであっても申請を出すことができます。
ただし、申請を受け付けている、ということであって審査自体は銀行営業時間内でのみ行われるため申請を出すタイミングによっては翌営業日に審査が行われることもあります。
なお、即日融資を受けることができる条件は正午までに申請を済ませておく事なのですが、前日の夜に申請を出しておけば翌日には融資を受けられるため、当日にドタバタする必要がありません。
確実に借り入れを行いたいのであれば選択肢の一つとして覚えておいて良いでしょう。

 

3-2.来店不要で融資を受けられる

銀行によってはWEB完結申込みを用意しているところもあり、このようなところでは来店不要で融資を受けられる場合があります。
例えば、みずほ銀行カードローンでは既に本銀行口座を持っている場合に、キャッシュカードにカードローンの機能を付帯させることができます。
この場合、わざわざ来店しなくてもメールで契約書を受け取り、後は利用可能ATMからキャッシュカードを使ってキャッシングを受けることができます。
ただし、ATMによっては利用手数料がかかってしまう点には注意しましょう。
契約書もカードも手元には残らないため専業主婦の場合には特にありがたいサービスであると言えるでしょう。