カードローン 即日

1.カードローンで即日融資を受ける方法を解説!

明日、急な用事ができたため、カードローンで借入したい!
どうしても今日中にお金が必要!
でも、即日融資を受けることは可能なのだろうか…とお考えのあなた。
可能です!
時間や必要書類などの条件はいくつかありますが、カードローンで即日融資を受けることはできます。
それでは、何が条件として必要なのか、またどのような状況だったら融資が受けられるのか、安全なのか、主婦でも借りることはできるのかなど疑問や不安はたくさんあると思います。
その不安と疑問をなくすため、カードローンの申し込み方法や即日融資を受ける方法などを徹底解説していきます。

 

1-1.申し込みは遅くとも午前中に

即日振込をご希望の場合は、遅くとも午前中に申し込みを済ませたほうが良いかもしれません。
例えば、新生銀行のカードローンサービスであるレイクの場合、平日14時まで契約すれば即日融資が可能です。
ただし、手続や審査に時間がかかることもあるため、遅くとも午前中のうちには申し込みをすませましょう。
自動契約機を設置しているカードローンの場合、14時以降の契約となっても、その日のうちに融資を受けることはできます。
しかし、審査の混雑状況によっては回答が翌日以降になることもありますから、できるだけ早い時間帯に申し込むに越したことはありません。

 

申し込み 午前中

 

1-2.必要書類は事前に準備を

必要書類は、その日に手に入るものとそうでないものがあります。
そのため、事前に準備しておくことをおすすめします。
とはいえ、専業主婦がカードローンに申し込む場合、必要となるのは基本的に本人確認書類だけです。
具体的には、運転免許証や保険証、パスポートなどがあればOK。いずれか1点を提出すれば申し込みができます。
ただし、高額な融資を希望する場合、配偶者貸付を利用した借入する場合は収入証明書や婚姻関係を証明する書類の提出を求められます。
もしも、こういった借入を考えている場合は、早めに書類を揃えておきましょう。

 

1-3.土日でも即日融資は可能?

どうしてもお金が必要!
でも今日は土曜日だ。というときでも即日融資は可能です。
例えば、三井住友銀行カードローンでしたら、土日、祝日も21時までなら申込みができます。
しかも審査結果の連絡も21時までなのでお休みなど気にせずに即日融資を受けられます。
また、店内設置の無人機械でも申し込みができ、最短30分で審査完了となるため、近くのカードローン契約機を探すだけで、その日のうちに融資を受けられる可能性があります。
しかし、土日に審査を行っている銀行は少ないのも事実。できれば、土日や祝日にあせることがないよう、早め早めに申し込みをして下さい。

 

1-4.専業主婦は在籍確認なしのケースも

カードローンを利用する際に、普通の社会人でしたら本当にその人が働いているのか、お金を返せる経済状況なのかということを確認するために、職場への在籍確認が行われます。
旦那さんに内緒でカードローンを利用したい専業主婦の方は、旦那の会社に在籍確認がいくの?と不安に思うかもしれません。
しかし、大抵のカードローンは専業主婦の申込の場合、在籍確認なしとしているようです。
とはいえ、本人確認の連絡はありますから、電話がかかってきたら確実に対応できるよう準備しておきましょう。
また、自宅への郵送物へも注意が必要です。ローンカードや契約書類が送られてきて、旦那さんに見られてしまっては意味がありません。
カード類は無人契約機で受け取るなどの対策が必要です。

2.カードローンを即日利用するための申込み方法

専業主婦でもその日のうちに借りられることはわかった。
また会社によっては土日も即日、手間もかからずお金を借りられることも分かった。
だけど、どうやって申し込みするの?
みなさんそこが一番気になっているところではないでしょうか。
カードローンを即日利用するための申し込み方法はいくつかありますが、ここでは最も確実な方法をご紹介します。
いくつか注意点もありますから、しっかりと理解した上で申し込みをして下さい。

 

2-1.ネット申し込み→自動契約機でカードの即日発行がおすすめ

まず、申し込みはインターネットを使うのが良いでしょう。
インターネットでの申込みは自宅からもできますし、外出先でもスマホなどを使ってすぐに手続きができるため、とても便利です。
また、24時間365日申し込み可能なのもメリットですね。
インターネットから申し込んで審査に通ったら、後はローンカードの受け取りです。
ローンカードを郵送してもらっていては、実際に融資を受けられるまでに時間がかかってしまいますよね?
そこで、自動契約機でのカード受取がおすすめです。審査回答をもらってから自動契約機まで出向けば、契約の手続きはすぐに終わります。
また、自動契約機は21時ころまで稼働しているものが多いため、時間に余裕がある点もおすすめする理由です。

 

2-2.指定口座への即日振込が可能なことも

審査に通ったら、指定口座へ即日振込が可能な金融機関も存在します。
金融機関によって若干異なりますが、ほとんどが平日の14時50分より前、また土曜、日曜、祝日以外の日であれば、即日振込が可能です。
これなら、ローンカードの受け取りを前に融資を受けられますし、自動契約機まで出向く手間も省けます。
銀行カードローンの場合、自動契約機を設置しているのは、三井住友銀行カードローンやバンクイックなど、数が限られますから、振込が可能なカードローンを選ぶのも一つの手ではないでしょうか。
ただし、カードローンによって振込可能な口座が異なります。自分の口座への振込が可能かどうかは、事前に確認しておきましょう。

 

3.即日審査を可能にするポイント

これまで、カードローンの即日融資についてお話してきました。
即日融資可能なカードローンを見つけることができた。
しっかりと即日振込の条件も満たしている。
しかし、申し込んだ日のうちに審査回答がこなかった...となっては意味がありません。
一番大切な審査に時間をかけず、通過するにはどうすれば良いのでしょうか?
最低限の条件として、他社借入が少ない、身分を証明できる、などが挙げられますが、その他にもいくつか注すべきポイントがあります。

 

3-1.申込書への記入は正確に!

いくら急いでいても、申込書への記入は慎重かつ正確に行って下さい。
というのも、申込内容に不備があった場合、審査担当者はこれを確認しなければなりません。
その際、申込者と連絡がつかず確認ができないといったケースでは、審査が一時的にストップしていしまい、その日のうちに結果がでないことも考えられます。
また、どうしても確認ができない場合は、それだけで審査落ちとなることもありますから、十分に注意が必要です。
申込書へは誤字脱字や嘘偽りなく記入すること、記入後は一度確認してみることをおすすめします。

 

3-2.連絡のつく時間帯を伝えておく

専業主婦がカードローンに申し込みをした場合、在籍確認はなくても本人確認の連絡はあります。
また、先ほども説明した通り、申込内容の確認などで連絡があるケースも考えられます。
ここで、電話したのに出ない、メールを送信しても返信がない、となると審査はどんどん後回しにされてしまい、時間だけが過ぎていきます。
そうならないためにも、申し込みの際に連絡のつく時間帯を伝えおくと良いでしょう。
そうすれば、担当者はその時間帯に連絡をしてくれますから、審査をスムーズに進めることができます。