専業主婦 カードローン 審査

1.専業主婦がカードローン審査に通る方法とは

専業主婦がカードローン審査に通るには、まず総量規制対象外のカードローンを選ぶことです。
具体的に、銀行は総量規制の対象外ですから、銀行カードローンなら収入がない主婦の方でもお金を借りることができます。
ただし、銀行ごとに貸し出し条件があるので、どこの銀行カードローンでも審査に通るというわけではありません。
とはいえ、審査のポイントととして一番重要かつ共通していることは、配偶者に安定収入があるかということです。
年間を通して収入に大きな上下がない場合は審査に通る可能性はグッと高くなります。
その他にも審査のポイントとなる点はいくつかありますから、順に説明していきます。

 

1-1.収入の無い専業主婦の審査基準

上でも説明した通り、審査で重視されるポイントは、配偶者に安定した収入があるということです。
完済できるだけの返済能力があるかどうかを判断するために重要な審査ポイントになっています。
次に融資希望額です。
希望額は少なければ少ないほど審査に通りやすいと言われています。
必要最少額を記入し今回ちょっとだけ足りなくなってしまったというような印象を与えると良いでしょう。
そして、借入総額がいくらなのかということです。いろいろな所から沢山借入しているような方はお金に困っている印象を与えてしまいます。
日本では3つの機関が信用情報をとりまとめており、こちらを参考にローンや現在の借入先などを確認しています。
嘘や誤った申告をすると信用を下げてしまいますので正確に申告するようにしましょう。最後に属性です。
こちらは年齢や家族構成、勤務先、持ち家かどうかを点数にしてランク付けをしているようです。

 

1-2.総量規制対象の配偶者貸付

専業主婦が借入する際の審査基準を理解したら、次はどうやって借入するかを考えましょう。
もしも、配偶者の同意を得た上で申し込みができるなら、配偶者貸付を利用しても良いかもしれません。
配偶者貸付というのは、配偶者の年収を合算した1/3の金額まで借入ができる制度のことで、収入のない専業主婦のために作られた制度です。
しかし、専業主婦のための融資制度でありながら欠点があることも事実。申し込みの時に戸籍謄本や配偶者の同意書、収入証明書の提出が必要なため、書類の準備が大変です。
また、大手消費者金融では配偶者貸付行っていないため、中小消費者金融でしか利用できません。
消費者金融系の方が銀行系カードローンより金利が高いこともあり生活がギリギリで返済期間が長くなってしまうような方にはおススメできない内容になっています。

 

1-3.総量規制対象外の銀行カードローン

これまでに説明した内容を踏まえると、やはり専業主婦の方におススメしたいのは総量規制対象外になっている銀行のカードローンです。
総量規制の対象外であるため、無収入の専業主婦でも利用できますし、夫に内緒で借入することも可能です。
仮に、銀行カードローンに申し込むとすると、ポイントとなるのは金利でしょう。
毎月の返済額や利息に大きな差が出るためできるだけ低金利のカードローンを選んだ方がお得です。
例えば、「イオン銀行カードローンBIG」や「みずほ銀行カードローン」ならどちらも実質年利が3.8%〜13.8%と他の銀行カードローンと比べても金利が低く、返済が少しづつしかできないような主婦の方でも安心して借入することができます。
また、新生銀行カードローンレイクでは初回のみですが無利息期間があります。こちらも場合によってはお得に借入できますので毎月の返済金額を考えたうえで無理のない返済プランを立て申し込みを行いましょう。

2.カードローンの審査に通る専業主婦の共通点

まず初めに申告に嘘や間違いがないことが前提になります。
個人の信用情報は信用情報機関で確認することができますので、審査の際はどこからいくら借りているのかといった必ず個人情報が照会されます。
すでに多くの借り入れをしている場合はお金に困っていると判断されてしまいます。
過去に借り入れをしている方は返済の延滞を繰り返すようなことはなく信用できるのか、そして債務整理などしていないかを調べて判断します。
こういったことに大きな問題がなく配偶者に安定した収入があるということが、専業主婦の方がカードローンの審査に通るためのポイントと言えます。

 

2-1.夫に安定した収入がある

自分に収入がない専業主婦の方でも夫に安定した収入があれば借入をすることが可能です。
「安定した収入」というのも曖昧な表現だと感じるかもしれませんが、勤続年数が1年以上あり、毎月決まった額の収入があればOK。
逆に、歩合給や月給制ではない場合、安定した収入とみなされない事がありますから、注意が必要です。
とはいえ、夫が会社員として普通に働いているという方であれば、特に問題はないと考えられます。
また、専業主婦は夫の収入だけで生活費を賄えているという事なので、金融機関からの信用度は思った以上に高いようです。

 

2-2.他社からの借り入れが少ない

個人の詳細な情報は国の機関である信用情報機関で見ることができますので、いつ、どこから、いくら借りているかなど他社からの借入額も分かってしまいます。
キャッシングよりも自分名義の住宅ローンなどのほうが審査は厳しくなるそうですが、借入金額が多いとかなりお金に困っているといった印象を与えてしまいます。
審査では毎月の支払い能力があるか、完済できるかを判断していますので借り入れがかなり多いような方は審査の通過は難しいかもしれません。
色んな金融機関から借入している方は低金利のオリックス銀行や三菱東京UFJ銀行などのおまとめローンなどを検討してみてはいかがでしょうか。
また、可能であれば借入を完済してから新たに申し込むと審査に通る確率はグンと上がります。

 

2-3.信用情報に事故情報の記録が無い

事故情報とは自己破産、任意整理、強制解約、延滞、個人再生などの返済中に問題が起こったときに記録される情報です。
日本には3つの信用情報機関があり、申し込みから返済までの事細かな情報が残されています。
事故情報は項目によりますが5年~10年登録されていると考えて良いでしょう。
債務整理や自己破産など事故情報の記録があるとまずお金を借りることはできません。
また、返済の延滞については他のカードローンだけなく、キャッシュカードの支払いや携帯電話料金の支払いなどもチェックされています。
少々遅れても大丈夫だろうと軽く見ていると、審査落ちの原因となるため注意が必要です。

 

2-4.一度に複数の申し込みをしていない

ローンやクレジットに申し込んだ場合、契約しなかったとしても最長で6カ月間も信用情報に記録が残ります。
そのため、短期間に複数の申し込みすると、「相当お金に困っている人なのかな」という印象を持たれてしまい、審査に落ちる可能性が高くなります。
返済が危なそうな人に融資する金融機関はありませんから、当然と言えば当然ですね。
いくら審査に不安があるからといって、保険をかける様な意味で複数の申し込みを行うと、逆に審査で不利になる事を覚えておいて下さい。
もし、どうしても不安という方は申込みたいカードローンの公式ホームページでお試し審査を利用してみましょう。
お試し審査なら匿名での審査になりますので、申し込みが信用情報に記録される様なことはありません。

3.審査落ちを避けるためのポイント

審査落ちを避けるためのポイントはいくつかあります。
まず、申し込みの際に融資希望額を必要最小限の金額にすることがポイントです。
高額だと審査に通るのは難しくなりますし、融資までのスピードも遅くなる傾向にあるようです。
そして、当然の事ですが専業主婦OKや配偶者の収入で申し込みできると記載している銀行カードローンを選んで下さい。
また、他に借入がある場合は、できるだけ返済をしてから申し込む方が良いでしょう。
その他にも、意外と見落としがちなポイントが1つありますので、詳しく解説していきます。

 

カードローン 審査 ポイント

 

3-1.申し込み書に嘘の記載は絶対NG!

審査に通りたいからと言って、夫の年収を高く申告するなどの嘘は絶対にやめましょう。
嘘がバレてしまうと審査にはまず通りません。
年収の他にも勤続年数や住居年数など少し長めに書いておいたほうが安心と思う気持ちも分かりますが、あらゆる所から情報が入ってきますので嘘はバレてしまいます。
カードローンを利用するには、何よりも金融機関との信用関係が重要です。
従って、小さい嘘でも審査には大きな影響を与えます。
また、嘘でなくとも申し込み書の申告内容に記入漏れや誤字脱字などがあった場合、正確な情報が確認できないと審査に落とされるケースがありますから、注意して下さい。

4.専業主婦向けカードローンで審査が甘いと謳う業者に注意

審査が甘すぎる金融業者は闇金などの可能性がありますので注意が必要です。
高額ローンを組まされたり、とても高い利息請求されたりしますので安全かどうか見極めてから申込みしましょう。
見極めるポイントとしてまず悪徳業者情報を確かめてみましょう。
次に固定電話を使用しているか、貸金事業登録が本物かどうかチェックしましょう。
利用者の口コミなどを参考にするのもいいでしょう。
銀行カードローンの審査に通るか不安だからといって、こういった甘い言葉にまどわされない様、くれぐれも注意が必要です。